歴史から学び、現在を楽しむ

~歴史とは、現在と過去との対話である by E・H・カー~



歴史から学び、現在を楽しむ>> スポンサー広告>> おすすめ本棚 >> 仕事に活かす<論理思考> 本田有
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-01-18

仕事に活かす<論理思考> 本田有

本書では三つの考え方、つまり<複眼思考>、<三点発想>、<抜本塞源>について解説しており、これらの考え方を身に付けることで日常的な問題のほとんどは解決できるとしています。

<複眼思考>の項目では転職の際に役立つかなと思える内容がありましたのでご紹介しますと、転職を思い立ったとき、今いる職場の良い所と悪い所を10項目以上並べてみて、本当に転職すべきかどうかを3ヶ月くらいかけて評価しようと述べています。ここで良い所と悪い所を同じ数だけあげるところがポイントで、転職する希望の人は感情的になっているために悪い所を多く挙げる傾向があるので、書き出してみることで冷静に考えることができるとしています。
書きだしてみても悪い点ばかりだったら、転職すべきかも!?

<三点発想>で僕がいい思考訓練だと思ったのは、何かを説明するときに必ず三つのことを挙げて説明するということ。たとえば、「私がお話したいことは三つあります。一つは・・」というように。練習には、同僚を相手に行い、三つの並べ方にはAND OR NOTの三要素、つまり直列につながるか(そして)、並列につながるか(または)、否定的な内容になるか(ではなく)という観点から話したら良いとアドバイスされていました。

<抜本塞源>では、例として残業を減らしたい場合は、3割残業しないとか考えるのではなく、一切しないという心構えをもつことが大事だという。確かに残業を毎日する人がいるが、終電を越えてまでする人があまりいないことを考えると、なるほどなという気はします。僕の周りを見渡したら、誰もが最後の時間を気にしながら日常の業務をこなしている気はします。あと上司から飲みに誘われる前に帰ろうとするのは・・僕です(笑)
ただ社会人入りたての最初の頃は残業してまで仕事を早く覚えたほうがいいと思いますよ。

個人的な意見では、ベストセラーになるほどのインパクトある内容ではないけれど、仕事を経験していくうちに徐々に身についていく考え方が載っていると思います。この本を読んでもっと早く身に付けましょうという内容です。



 私のおすすめ:
仕事に活かす“論理思考” (ちくま新書)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

ご意見・ご感想!!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

芳田作成レポート1
『ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード VoL.1』
ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード
現代よりもあらゆる意味で過酷であったと思われる時代に、歴史上の人たちはどう対処していたのかをまとめました。先行きが見えない、不透明な時代だからこそ、過去との対話が未来を切り開くはずです。
芳田作成レポート2
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
NHK大河ドラマ『龍馬伝』ですが、幕末の「坂本龍馬」を取り上げたことは、今の時代にマッチした最高の選択ではないでしょうか。このドラマは、きっと我々「現代人」にも感じさせられるものがあると思います。当時の時代背景や、龍馬の人生を深く知ることで、このドラマを10倍楽しみましょう!
発行メールマガジン
PCブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 


携帯ブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 
芳田の一押し教材
「成功の9ステップ」オーディオコース特別版
プロフィール
職業:研究職(医学・薬学)

芳田 喜生

Author:芳田 喜生

歴史と科学について吟じます!(古いかな?)
カテゴリ
リンク
無料情報ドットコム
無料情報ドットコム <歴代ランキング>
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
539位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。