歴史から学び、現在を楽しむ

~歴史とは、現在と過去との対話である by E・H・カー~



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-02-23

ベルの電話実験

日本が明治維新を終えたばかりの頃、日本からヨーロッパ諸国に
研修生が送られ、その中には後の三井財閥の統率者である団琢磨や
津田塾大学の創始者である津田梅子が含まれていました。

研修中には、科学者であるベルが送受信機の実験をするということで、
彼らは閲覧会に招かれました。講堂の端から端まで伸ばされた送受信機の
実験に好奇心旺盛な日本の研修生が参加し、実際に遠く離れた所に声が
届いたので、驚きのあまりはしゃぎたてていましたが、ふと周りを
見渡してみると、最初からそんな実験上手くいくはずがないと思っており、
先程まで嘲笑していた人々は静まり返っていたとのことです。

***********
編集後記
***********

今では当たり前の電話ですが、当日としては画期的なものでした。
私たちの身の回りにも、そのような便利なものは溢れており、
あって当然と思っているのではないでしょうか。

最近、景気が悪いニュースが多いですが、まず目の回りにある当然と
思えるものに感謝し、この今の瞬間を大切にしていきたいですね。



↓英国と日本に残された資料を駆使して、英国内における日本使節団の足跡を再現し、彼らの体験と衝撃を歴史的・文化史的に検証しています。THE ILLUSTRATED LONDON NEWSの図版など69点収録です。



 私のおすすめ:
幕末維新使節団のイギリス往還記 ヴィクトリアン・インパクト ...

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

ご意見・ご感想!!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

芳田作成レポート1
『ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード VoL.1』
ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード
現代よりもあらゆる意味で過酷であったと思われる時代に、歴史上の人たちはどう対処していたのかをまとめました。先行きが見えない、不透明な時代だからこそ、過去との対話が未来を切り開くはずです。
芳田作成レポート2
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
NHK大河ドラマ『龍馬伝』ですが、幕末の「坂本龍馬」を取り上げたことは、今の時代にマッチした最高の選択ではないでしょうか。このドラマは、きっと我々「現代人」にも感じさせられるものがあると思います。当時の時代背景や、龍馬の人生を深く知ることで、このドラマを10倍楽しみましょう!
発行メールマガジン
PCブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 


携帯ブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 
芳田の一押し教材
「成功の9ステップ」オーディオコース特別版
プロフィール
職業:研究職(医学・薬学)

芳田 喜生

Author:芳田 喜生

歴史と科学について吟じます!(古いかな?)
カテゴリ
リンク
無料情報ドットコム
無料情報ドットコム <歴代ランキング>
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
5031位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
395位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。