歴史から学び、現在を楽しむ

~歴史とは、現在と過去との対話である by E・H・カー~



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2009-02-24

敵に塩を送る

かの武田信玄と上杉謙信は戦国時代の最強のライバル同士として有名ですが、
単なる領地争いを超えて、互いに義理を重んじていていたエピソードがあります。

あるとき、今川氏真(桶狭間の戦いで織田信長に敗れた義元の息子)に縁を切った信玄に対して、
氏真が信玄の領地に対して塩を入れないように関所を厳重に警備して取り締まったことがあります。

塩は当時としては貴重なもので、生きるために必要不可欠なものでした。古代ローマでは
兵士への給料として塩(ラテン語 sal)が支給されたことからもわかります。
英語の salary (サラリー; 「給与」)はここに由来しています。

信玄の危機を聞いた謙信は「我々の勝負は弓矢の勝負であり、米塩にはない。迷惑を
受けているだろうから、私の領地から送ることにする」と言い、安い値段で売ってあげました。

後に、信玄は死に瀕したときに息子の勝頼に「何かあったときは、謙信を頼ってくれ」と
言ったと伝えられています。

このエピソードから「敵に塩を送る」(敵対する相手に援助を差し伸べること)という言葉が
生まれ、松本市中央の本町にはその時塩を積んだ牛をつないだという「牛つなぎ石」が
残っているそうです。

***********
編集後記
***********

戦国時代というと親類や実の親子の間でも血肉争い何でもありの世界のように思われがちですが、
義理というものはおそらく現代より重んじられていたのではないでしょうか。

武田信玄も実の父親を追放していますが、理由あってのことで父親が死ぬまで仕送りをしていました。

現代の混沌とした時代でも、何かを成し遂げたいときに、果たして本心から人を蹴落としてでも
やりたいのか、陰険な策を用いずに実力でもって勝負したいのかを考えて行動すると自ずから
道が開けてくるように思います。

他人を批判したり蹴落とそうとは思わず、知識やスキルを身に付けて自己実現していきたいですね。

**********************
お勧め書籍&DVD
**********************

影武者<普及版> [DVD]←赤を基調とした映像で鮮やかに信玄が描かれています。
価格:¥ 3,393(定価:¥ 3,990)
http://www.amazon.co.jp/dp/B000UH4TUA/ref=nosim/?tag=korousao-22

武田信玄〈上〉 (講談社文庫)津本 陽
価格:¥ 509(定価:¥ 509)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062633280/ref=nosim/?tag=korousao-22

武田信玄〈中〉 (講談社文庫)津本 陽
価格:¥ 509(定価:¥ 509)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062633299/ref=nosim/?tag=korousao-22

武田信玄〈下〉 (講談社文庫)津本 陽
価格:¥ 509(定価:¥ 509)
http://www.amazon.co.jp/dp/4062633302/ref=nosim/?tag=korousao-22

***********

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

ご意見・ご感想!!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

芳田作成レポート1
『ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード VoL.1』
ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード
現代よりもあらゆる意味で過酷であったと思われる時代に、歴史上の人たちはどう対処していたのかをまとめました。先行きが見えない、不透明な時代だからこそ、過去との対話が未来を切り開くはずです。
芳田作成レポート2
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
NHK大河ドラマ『龍馬伝』ですが、幕末の「坂本龍馬」を取り上げたことは、今の時代にマッチした最高の選択ではないでしょうか。このドラマは、きっと我々「現代人」にも感じさせられるものがあると思います。当時の時代背景や、龍馬の人生を深く知ることで、このドラマを10倍楽しみましょう!
発行メールマガジン
PCブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 


携帯ブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 
芳田の一押し教材
「成功の9ステップ」オーディオコース特別版
プロフィール
職業:研究職(医学・薬学)

芳田 喜生

Author:芳田 喜生

歴史と科学について吟じます!(古いかな?)
カテゴリ
リンク
無料情報ドットコム
無料情報ドットコム <歴代ランキング>
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
539位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。