歴史から学び、現在を楽しむ

~歴史とは、現在と過去との対話である by E・H・カー~



歴史から学び、現在を楽しむ>> スポンサー広告>> 週刊歴史ばなし >> 切磋琢磨~徳川家康の逸話より~
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-04-04

切磋琢磨~徳川家康の逸話より~

昨日は、箱根神社に行ってきました。

(後ほど編集後記で・・)


■■ 週刊歴史ばなし

●今日は、武将 徳川家康の話です。


武田信玄が死んだとき、家康がこう言ったという逸話が残されています。


 「惜しいことをした。信玄のおかげて弓矢も鍛えることが出来たのだ」

 「これで部下が安心してしまう。武術の技も落ちるだろう」


家康は、自らの強敵は自分を磨く師匠だと言っていたのです。


仕事でのライバルはいますか?


自分自身がいま成長できているのは、ライバルがいるからかも知れません。

たとえ、あなたがムカつくと思うライバルでも、

あなた自信を成長させる貴重な人物かも知れません。


~徳川家康の武田信玄に対する逸話がWikipediaにもありましたので、ご紹介します。

師・武田信玄:

武田信玄に大いに苦しめられた家康ではあるが、施政には軍事・政治共に武田家を

手本にしたものが多い。


天正10年(1582年)に武田家を滅亡させた後、織田信長に武田残党狩りを命じられた際も、

信長の命令を無視し武田の遺臣をかくまった。


自分の五男・信吉に「武田」の苗字を与え、武田信吉と名乗らせ水戸藩を治めさせている。


有名な井伊直政の赤備えも、武田の猛将山県昌景にあやかったものである。


以上、Wikipediaから引用


■■  編集後記

最近、検見川神社から始まり、成田山新勝寺、

昨日は、箱根神社に行ってきました。


最近、パワースポットブームということもあるのか、

どこも参拝客がとても多いです。


私自身は、何か気を感じるとかパワーが得られるとかの

スピリチャル的なことを期待して行くのではありませんが、

どんな歴史的な人物が参拝しているのかを事前に調べて

行き、圧倒的な歴史の重みや、先祖が見てきたであろう

歴史的な建築物を見学に行っています。


箱根神社は源頼朝とも関係が深く、757年建造というから驚きます。


このような建築物を見ていると、自分が抱えている仕事上の悩みなど

取るに足らないように思えてきてしまいます。

テーマ : 歴史大好き!
ジャンル : 学問・文化・芸術

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿
Secre

ご意見・ご感想!!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

芳田作成レポート1
『ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード VoL.1』
ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード
現代よりもあらゆる意味で過酷であったと思われる時代に、歴史上の人たちはどう対処していたのかをまとめました。先行きが見えない、不透明な時代だからこそ、過去との対話が未来を切り開くはずです。
芳田作成レポート2
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
NHK大河ドラマ『龍馬伝』ですが、幕末の「坂本龍馬」を取り上げたことは、今の時代にマッチした最高の選択ではないでしょうか。このドラマは、きっと我々「現代人」にも感じさせられるものがあると思います。当時の時代背景や、龍馬の人生を深く知ることで、このドラマを10倍楽しみましょう!
発行メールマガジン
PCブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 


携帯ブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 
芳田の一押し教材
「成功の9ステップ」オーディオコース特別版
プロフィール
職業:研究職(医学・薬学)

芳田 喜生

Author:芳田 喜生

歴史と科学について吟じます!(古いかな?)
カテゴリ
リンク
無料情報ドットコム
無料情報ドットコム <歴代ランキング>
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
539位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。