歴史から学び、現在を楽しむ

~歴史とは、現在と過去との対話である by E・H・カー~



--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- │ スポンサー広告
2010-01-28

ジェームスキナーの講演会音声(無料)

>>ジェームス スキナーの講演会音声無料ダウンロードページ<<

私がこれまでに聴いた中で、一番お薦めしています。
無料で聴くことができます。

『ジェームス スキナー講演会の模様(YouTube 動画)』

たとえば、

・あなたは、毎日同じことの繰り返しでつまらないな、と思ったことはありませんか?

・あなたは、「もっと自分は能力があるのに なぜ周りは認めてくれないんだろう」と思ったことはありませんか?

・あなたは、もっともっとデカイことを成し遂げたい!と思ったことはありませんか?

・あなたは、もっとお金を稼ぎたいと思ったことはありませんか?


もしこの中に当てはまるものがあるなら、ジェームス・スキナーの講演会音声

”ダイナミックな人生を生きる方法”をお勧めします。

ちなみにこの1時間以上の講演会を収録した音声は、
完全に無料でダウンロードすることができます。

>>ジェームス スキナーの講演会音声無料ダウンロードページ<<

ジェームススキナーは、
経営コンサルタントとして100社以上の大企業や政府機関を指導しています。

2つの金融グループを設立して世界35カ国にその事業を広げ、
現在も20社以上の企業経営に携わっています。

彼の成功哲学に影響を受けた人はたくさんいます。


例えば、
■リッツカールトンホテル日本支社長の高野登さん
■100万部のベストセラー「鏡の法則」の野口嘉則さん
■極真空手全日本空手道選手権大会13、15、16回
重量級優勝の志田清之さん
■ドクターシーラボ・ネットプライスと
100億円企業を2社も上場させた池本克之さん
■セミナーズ代表「お金の聖書」の著者、清水康一郎さん
■「初対面の1分間で相手をその気にさせる技術」の著者、朝倉千恵子さん
■ベストセラー「宝地図」シリーズの著者、望月俊孝さん
■「儲けを生み出す悦びの方程式」の著者、小阪裕司さん
■「脱・どんぶり経営」の著者、和仁達也さん
■「感動力」の著者、平野秀典さん
■10万部のベストセラー「加速成功」の著者、道幸武久さん
■「一瞬でキャッシュを生む!価格戦略プロジェクト」の著者、主藤孝司さん
■20代で年収1億円のベストセラー作家、川島和正さん
■ソニー生命トップセールスの林正孝さん
■福島大学教授、スポーツメンタルコーチの白石豊さん
■「生年月日の暗号」の著者、佐奈由紀子さん

などなど、書きあげていったらきりがありません。


彼はこの講演会音声で自分の成功哲学を
惜しみなく公開しています。

まずは、彼の講演の音声を聴いてみてください。
人生の上で、きっと感じるものがあるはずです。

>>ジェームス スキナーの講演会音声無料ダウンロードページ<<

『ジェームス スキナー講演会の模様(YouTube動画)』
スポンサーサイト

テーマ : 資格・スキルアップ・仕事
ジャンル : ビジネス

2010-01-16

週刊歴史ばなし~第二十三巻 号外 龍馬伝~

-----------------------------------------------------
週刊歴史ばなし~第二十四巻 号外 龍馬伝~ 
-----------------------------------------------------
【目次】
● 週刊歴史ばなし
● [厳選!お薦めレポート]
● 編集後記
──────────────────────────
● 週刊歴史ばなし

今年から始まった大河ドラマ「龍馬伝」ですが、
幕末の「坂本龍馬」を取り上げたことは、今の時代に
マッチした最高の選択ではないかと個人的に思います。

龍馬役は福山雅治さんですが、あえてガテン系(?)の役者さん
ではなく、どちらかと言えば、線が細いとも言える福山さんを
抜擢しているのは、今の時代の若者をイメージしており、
若者への応援メッセージと受け取れるものがあります。
(製作者さん、そうですよね!?)

そこで、今回は、号外版として、坂本龍馬の
生まれ~船中八策までをまとめてみました。

まず、坂本龍馬の生れ育った環境が、後に関係していますので、
生まれところから、まず始めます。

▼豪商・郷士の生まれ


坂本龍馬は1835年11月15日、高知城下本丁筋1丁目
(現在知市上町1丁目)に生まれました。

幼少時代について、触れておきたいことが二つあります。


1、豪商の息子

龍馬は、高知城下で呉服や酒などを扱う豪商「才谷屋」の次男でし
た。

そのため、龍馬は他の志士たちと違い、常に「経済」の観点から
日本を見ていました。

どんなに理想をいっても、経済のことを忘れた政治は、長つづきし
ません。


2、郷士の息子

江戸時代は士農工商に身分がわかれていました。

才谷屋は一番下の「商」かと思いきや、身分は「士」なのです。

龍馬の先祖が、「士」の身分を買ったのですね。


ところが、土佐の武士には二つの種類があった。

関ヶ原の戦い以前、四国を支配していたのは長宗我部氏。

長宗我部氏は、この戦いで反徳川の西軍につき破れます。

そして、山内氏がかわって土佐の支配者になった。


あらたな支配者・山内氏の家臣は「上士」と呼ばれ、長宗我部氏
の関係者は「郷士」になります。

龍馬は「郷士」の息子だったため、豪商とはいえ「上士」に逆らえ
ない、差別される立場にありました。


それで龍馬は、「経済」「金儲け」を重視する一方、「差別される
人々」「社会的弱者」を大切にする視点を持ち合わせていました。

また、彼は「天子(天皇)以外は皆平等」という思想をもっていた。

これは「士農工商」の時代にあっては、トンデモナイ思想だったの
です。

こういう「万民平等思想」は彼が郷士の子で、差別される立場に
あったことと関係があるのでしょう。


▼黒船来航


幼少のころは泣き虫だった龍馬。

しかし、14歳のときから剣道をはじめ、徐々にたくましくなって
いきます。

腕前は、メキメキ上達。

1853年3月、江戸へ剣術修行に行くことを許されました。

その3カ月後の1853年6月、ペリーの黒船艦隊が浦賀に来航し、
日本は大騒ぎになります。

当時19歳の龍馬は、江戸品川海岸の警備に動員されました。


翌1854年3月、ペリーが再び来航。

圧倒的武力を恐れた幕府は、「日米和親条約」締結に同意。

200年以上つづいた鎖国体制は崩壊にむかいます。

龍馬は、この歴史的事件のときも、江戸にいました。

いまだ体制は強固に見えましたが、異国にあっさり屈した幕府への
不満は高まることになります。


この時点で龍馬が何を考えていたかはわかりません。

しかし、「なにか大変なことが起こりそうだぞ」ぐらいの予感は
あったでしょう。

日本は混迷の時代に突入していきます。


▼土佐勤皇党の結成と脱藩


1860年、日本全国を仰天させる事件が起こります。

尊王攘夷派を弾圧した井伊大老が、水戸の浪士に暗殺された。
(桜田門外の変)

この事件は、日本全国の武士たちに、大きな衝撃を与えました。


「一浪士が、幕府の大老を暗殺???」


土佐の郷士は、「おれたちにも何か大きなことができるのではない
か?」と夢を描くようになりました。

翌1861年、龍馬の親友・武市半平太を党首とする「土佐勤皇党」が
結成されます。

27歳の龍馬も参加しました。

目的は、土佐を「勤皇藩」(=反幕府藩)にしてしまうこと。

しかし、龍馬には半平太の策がどうも「非現実的」に思えてしまうの
でした。

理由は、いろいろありましたが、たとえば


・土佐勤皇党のメンバーはほとんど「郷士」である。藩を牛耳っている
「上士」が、軽蔑している「郷士」のいうことをきくだろうか?

・藩主の山内氏は、徳川から土佐を与えられた。その山内氏が幕府に
反対するようなことをするだろうか?


1862年、土佐勤皇党結成の翌年、龍馬は土佐藩に見切りをつけ
脱藩します。

脱藩というのは当時「重罪」。

心の中には、「もう2度と戻れないかもしれない」という思いが渦巻い
ていたことでしょう。

龍馬28歳。


▼勝海舟と神戸海軍塾


脱藩後、龍馬は昔お世話になった江戸・千葉道場に居候することに
します。

1862年秋、龍馬の人生を大転換させる出来事が起こりました。

幕府の大物・勝海舟と知り合ったのです。

勝海舟は1860年、ジョン万次郎や福沢諭吉などと共に、咸臨丸で
アメリカを視察しています。

そして、幕府の中枢にいたことから、世界情勢にも精通していました。

勝は、アジアの国々が次々と欧米列強の植民地となっている状況を
龍馬に話します。

そして、欧米列強に対抗するためには、開国し、貿易により富を蓄積
すること。

その上で、どんどん黒船を購入(あるいは生産)し、欧米に対抗でき
る海軍をつくることが必要だと説きます。


この話は、現実主義者の龍馬の心に強く響きました。

彼は常々、「日本刀で黒船は倒せんぜよ」と思っていた。

しかし、どうすればいいかわからない。

勝海舟は、日本が進むべき道を、明確に示してくれた。

龍馬は迷うことなく、勝の弟子になります。

そして、土佐脱藩組を勧誘し、どんどん勝の弟子にしました。


この行為は当時、半平太を中心とする「尊王攘夷派」から理解され
ませんでした。

勝海舟はなんといっても、「敵」幕府の大物。

「なんで龍馬は幕府の大物の弟子になってるんだ!?」

と非難された。

しかし、「海軍をつくることが日本を守ること」という彼の信念は
揺るぎませんでした。


1863年10月、勝は「神戸海軍塾」を設立。

龍馬は「塾頭」に就任します。

それで、彼は「日本海軍の祖」と呼ばれることがある。

土佐の脱藩浪人を塾頭にしてしまう勝海舟。

いかにこだわりのない人物だったかがわかるでしょう。


勝海舟と知り合った龍馬は、飛躍する大きなきっかけを得ました。


・世界情勢を正確に知ることができた

・日本の行くべき道を見つけることができた

・超ハイレベルの人脈ができた


▼海援隊と薩長同盟


ようやく夢への一歩を踏み出した龍馬。

しかし、大きな挫折が待っていました。

神戸海軍塾が、設立からわずか2年で閉鎖されてしまうのです。

閉鎖のきっかけとなったのが、1864年の「禁門の変」。

これは、長州の尊王攘夷派と、幕府・会津・薩摩などが京都で
戦った事件です。

長州側、つまり反幕府側に、神戸海軍塾の塾生が多く参加して
いました。

当然幕府は、「勝海舟の塾は、幕府の金で倒幕兵を養っている」
と批判します。

勝海舟は塾の責任者を解任され、塾も閉鎖。(1865年3月)


しかし、「捨てる神いれば、拾う神あり」です。

龍馬は、勝の紹介で、薩摩の大物・西郷隆盛と知り合いになって
いました。

龍馬は、西郷を説得し、主に薩摩藩の出資で、日本初の株式会社
といわれる亀山社中(後の海援隊)を設立します。

さらに、土佐脱藩・中岡慎太郎と共に、薩摩藩と長州藩を同盟さ
せるべく奔走しました。

1866年1月、龍馬と慎太郎などの努力が実り、薩長同盟成立。

時代は倒幕にむけて大きく前進します。

同年6月、幕府 対 長州 の戦争に参加。

龍馬と社中は、当然長州側の倒幕軍で戦っています。

この戦争で長州が勝利。

幕府の権威は完全に失墜してしまいました。


▼大政奉還


さて、長州が戦争に勝利した後、薩摩と長州の力はますます強まっ
ていきました。

倒幕までの道筋も見えてきた。

しかし、この時期龍馬には不安があったのです。



(もし幕府と倒幕軍の全面戦争になれば、日本の国力は疲弊し、
イギリスかフランスの植民地になるのではないか?)



龍馬は、「なんとかして全面戦争を回避する方法はないだろうか?」
と考えていました。

1867年、龍馬は土佐藩上士・後藤象二郎に「大政奉還案」を進言
します。

大政奉還とは要するに、将軍が国の統治権を天皇に返すこと。

1867年10月14日、大政奉還実現。

つまり、徳川将軍みずから幕府をつぶしてしまったわけです。

薩摩と長州は、倒すべき相手がいなくなってしまった。

龍馬らの努力により、日本は全面戦争を回避。

日本が植民地化をまぬがれた大きな理由の一つが、この「大政奉還」
であったことは間違いありません。


▼船中八策


龍馬が革命家として傑出していたのは、「倒幕後の政体」について
明確な方針をもっていたことです。

1867年6月に記された「船中八策」がそれです。

何が書いてあるのでしょうか?


一策 天下ノ政権ヲ朝廷ニ奉還セシメ、政令宜シク朝廷ヨリ出ヅベキ事

(意味=大政奉還します)


二策 上下議政局ヲ設ケ、議員ヲ置キテ万機ヲ参賛セシメ、万機宜シ
ク公議ニ決スベキ事

(意味=議会政治を行います)


三策 有材ノ公卿諸侯及天下ノ人材ヲ顧問ニ備ヘ、官爵ヲ賜ヒ、宜シ
ク従来有名無実ノ、官ヲ除クベキ事

(意味=身分にかかわらず、実力主義にします)


四策 外国ノ交際広ク公議ヲ採リ、新ニ至当ノ規約ヲ立ツベキ事

(意味=外国との交流を進めます。不平等条約を改定します)


五策 古来ノ律令ヲ折衷シ、新ニ無窮ノ大典ヲ撰定スベキ事

(意味=新しい憲法を制定します)


六策 海軍宜シク拡張スベキ事

(意味=海軍力を増強します)


七策 御親兵ヲ置キ、帝都ヲ守護セシムベキ事

(意味=御親兵を設置します)


八策 金銀物貨宜シク外国ト平均ノ法ヲ設クベキ事

(意味=金銀の交換レートを変更します)


それまで260年間江戸幕府の独裁であったことを考えると、
船中八策がどれだけ斬新だったかわかるでしょう。

この八策は、明治新政府に引き継がれ、日本が近代国家・世界の
大国になる道が開かれました。

-----------------------------------------------------
● [厳選!お薦めレポート]
芳田が読んでみて面白い!と思うレポートを紹介します。

『褒めるところ、良いところが自然に見つかる心の状態』

人を褒めることは、すごーく大切ですね。褒めてもらえれば誰もがうれしい。
他人も自分もおんなじですね。恋愛やビジネスにも応用できますし、
人と人との人間関係を良好にする確かな方法です。


『仕事で悩んでる人は必見!次々と面白いアイディアが浮かぶ頭に
なるための「速聴き」を無料で好きなだけやる方法!』


仕事で悩んでる人は必見!次々と面白いアイディアが浮かぶ
頭になるための「速聴き」を無料で好きなだけやる方法!


『先人の知恵に学ぼう!驚くほど役に立つ「名言集」part1』

金言や格言とは凝縮された言葉の中に隠された真理を通して、私たちに気付きや勇気を与えてます。
この名言集は、私が学生時代から書き溜めた思い出深いものばかりです。
ほんの少しでもあなたの心の糧になることを願いながらまとめたレポートです。


【無料情報ドットコム】

※ 無料レポートをダウンロードされる際には、専用のアドレスで
  ダウンロードする事をオススメします。まれに、レポートスタンドの
  不正利用者が大量のスパムメールを送りつけてくる事があります。

-----------------------------------------------------
● 編集後記

今年に入ってから、携帯サイトを構築しています。

これまでは、主にブログを運営していましたが、
携帯ユーザーの利用者が爆発的に増えていることを
考えると、無視できない情報発信のツールだからです。

さっそく以下のマニュアルを買って、時間をみつけては読んでいます。


>>『モバイルフリーダム☆携帯アクセスアップ最強マニュアル』<<


携帯サイト作成にご興味のある方には、お薦めしています。

携帯サイト作成ツールや画像素材、サポート特典が充実しており、
値段も7980円と良心的です。


>>『モバイルフリーダム☆携帯アクセスアップ最強マニュアル』<<


-----------------------------------------------------
【発行者】芳田喜生

【歴史から学び、歴史を楽しむ】
http://healthbetter.blog40.fc2.com/
-----------------------------------------------------

テーマ : 大河ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ご意見・ご感想!!

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

芳田作成レポート1
『ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード VoL.1』
ビジネスに役立つ面白い歴史上のエピソード
現代よりもあらゆる意味で過酷であったと思われる時代に、歴史上の人たちはどう対処していたのかをまとめました。先行きが見えない、不透明な時代だからこそ、過去との対話が未来を切り開くはずです。
芳田作成レポート2
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
『NHK大河ドラマ『龍馬伝』を10倍楽しむ!!』
NHK大河ドラマ『龍馬伝』ですが、幕末の「坂本龍馬」を取り上げたことは、今の時代にマッチした最高の選択ではないでしょうか。このドラマは、きっと我々「現代人」にも感じさせられるものがあると思います。当時の時代背景や、龍馬の人生を深く知ることで、このドラマを10倍楽しみましょう!
発行メールマガジン
PCブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 


携帯ブラウザ版↓
メルマガ購読・解除
 
芳田の一押し教材
「成功の9ステップ」オーディオコース特別版
プロフィール
職業:研究職(医学・薬学)

芳田 喜生

Author:芳田 喜生

歴史と科学について吟じます!(古いかな?)
カテゴリ
リンク
無料情報ドットコム
無料情報ドットコム <歴代ランキング>
アクセスランキング


[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
8045位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
539位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。